NWG  NEW WING INC GROUP

医療滞在査証とは

日本で入院治療などを受ける外国人患者とその付添人が長期間滞在できるための在留資格である[1]。最長6か月間で、1度このビザを取得すれば3年以内ならば出入国を繰り返すことが可能であるために、手術後の長期入院や通院、けがの治療後のリハビリも可能にである[2]。また、これまで認めていなかった付添人の入国も認められる。施行は2011年1月1日からである


(1) 受入分野

医療機関における治療行為だけでなく,人間ドック・健康診断から温泉湯治などの療養まで,幅広い分野が対象となりえます。受入れ分野は,日本の医療機関の指示による全ての行為(人間ドック,健康診断,検診,歯科治療,療養(90日以内の温泉湯治等を含む)等を含む)となります。


(2) 同伴者

外国人患者等の親戚だけでなく,親戚以外の者であっても,必要に応じ同伴者として同行が可能です。同伴者については,必要に応じ,外国人患者等と同じ査証が発給されます。なお,同伴者は外国人患者等の身の回りの世話をするために訪日する方で,収入を伴う事業を運営し又は報酬を得る活動はできません。


(3) 滞在期間

最大6ヶ月です。滞在期間は,外国人患者等の病態等を踏まえて決定されます。

※滞在予定期間が90日を超える場合は入院が前提となります。この場合,外国人患者等は,行政書士又は本人が入院することとなる医療機関の職員並びに本邦に居住する本人の親族等を通じて管轄入国管理局から在留資格認定証明書を取得する必要があります。

▲ページTOPへ